日々是好日。「一期一会」雑記 2016 

2月25日 引渡し

 昨日、午前中と午後にぞれぞれお引渡しがあり、引渡式に参加させていただきました。


安城のH様邸と美浜町のF様邸。


H様は、以前シンカに努めていた社員さんの御宅。

結婚・出産のため、シンカを退職し、幸せな家庭を築いておられ、今回自宅の建築の

お世話をさせていただきました。


hirai.jpg



Hさんが引渡しの際、言っておられたこと。


『社員・現場監督として家づくりをしてきましたが、自分自身が施主となったことで、より施主様の気持ち

をりかいすることができました・・・』


そうですね。自分自身が、相手の立場になったとき、はじめて本当に相手の気持ちが

理解できるのかもしれません。


日常において、相手の立場になって考える。とても大切なことですね。


H様 新築おめでとうございました。ありがとうございました。

是非、復職をお待ちしていますよ。


午後からのF様邸。


シンカの新しい事務所を見られて、飛び込まれたのがきっかけ。


その後、加藤専務とがっちり打合せをされ、シンカのお客様となられました。


fujimoto.jpg



自分自身名F様とお話する機会はありませんでしたが、加藤専務がとても楽しそうに

F様の話を自分にしてくれたことがとても印象に残っています。


引渡しに際し、F様の、ある意味、真摯さであるとか男気であるとか・・・


とてもすばらしい『お人柄』を自分自身、実感させて頂きました。


多くを語られないご主人ですが、その眼差しから、とても多くの思いを

語って頂きました。


加藤専務にとっても携わったシンカスタッフも、そのF様ご夫妻の、お人柄であったり

夫婦力、家族力に引かれていくものが有ったのではないでしょうか。


その思いに自分自身とても感動をさせて頂きました。



ほんとうにシンカは、お施主様に恵まれていると思います。


ですから、私たちは全力を尽くす必要があるのです。


真摯に、謙虚にそして全力で。



お施主様の夢の実現のお手伝いをしなければならないのです。


F様、本当にありがとうございました。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。